RICOHのサンキュッパを覚えていますか?

 

RICOHと聞いたら皆さんは

どんなイメージを持ってますか?

 

やはりコピー機のイメージですかね?

 

しかし、中学生時代写真部だった

私にとってリコーというのは

マイナーカメラメーカーなのです。

 

 

動画のカメラはXR500という

激安レンズ付き一眼レフです。

セントルイスなんて30代の方は

知らないと思います。

 

「リコーのサンキュッパ」

と連呼するCMは

結構インパクトがありました。

 

70年代後半はリコー・富士・コニカ

といったメーカーが激安一眼レフを

販売していました。

 

ただし写真少年にとって

この3社のカメラを使うのは

恥ずかしかったのです。

 

キヤノン・ニコンみたいに

見栄を張れませんから・・・

 

とにかく昔からリコーは

色々な意味で香ばしいカメラを

販売するメーカーだったのです。

 

色々な意味で香ばしい商品には

そういう香ばしさが大好物の

変わり者が寄ってきます。

 

今日は生産終了したリコーの

個性派デジカメに関連した

おいしい商品を紹介します。
» この記事の続きを読む