最初は取れないのが当たり前じゃ!

 

せどりを始めて間もない頃は店に行っても何を取ればいいのかわからないのが当たり前です。

 

気合入れて出発したのに、結局何も取れず帰宅した日にはせどりなんてやめたくなるのが人情というものです。

 

こんな状態の時、情弱君は仕入れの時に頼もしい仲間や上級者がいてくれたらいいなと安易に考えがちです。

 

そして、実際にその安易な考えからある行動をやってしまう人が後を絶ちません。しかし、それをやる事で実は大変な状況に追い込まれてしまう事に気づく人はほとんどいないのです。

 

今回は初心者がやりがちなヤバい行動と何故やってはいけないかという理由を徹底解説いたします。こんな記事、他のブログじゃ読めないよww

 

あなたせどらーですか?

 

先日、私が仕入れしている時、専業せどらーの【今日も勃ちの助】からラインが来ました。

 

 

 

勃ちの助はハンドルネームこそふざけてますが、毎月100万以上の利益(売上じゃないよ)を叩き出している上級者です。そこで私は【今日も勃ちの助】にこう返しました。

 

 

勃ちの助の仕入れスタイルから想像するに、おそらく彼はプレ値になった廃盤商品を回収中だったと思われます。その最中に話しかけてくるなんてマジ勘弁ってヤツです。

 

何故ならば、勃ちの助が手に持ってる商品を覚えて同系列の他店にいけばボロ儲けじゃないですか!!

 

プロの気遣いとは・・・

 

もし私が店舗で上級者っぽいせどらーを見かけたら即座にスマホをしまい一般客を装います。そして、距離をおいた状態でそのせどらーが何を仕入れてるかをチェックします。同じ物を根こそぎ仕入れてたらほぼ確実にお宝です。

 

そして、さっさとその店を出て同系列の他店に行き同じ商品を仕入れます。

 

それとは逆に自分が仕入れてる途中で他のせどらーがいるのを発見したら即座に商品を戻し仕入れを中断します。で、仕入れの代わりに対象せどらーのレベルの見極めをします。運が良ければ自分にない視点が学べます。

 

店でせどらーを発見してもイチイチ声をかけない。これがプロの気遣いってもんです。

 

ところが初心者の情弱君は店でせどらーを発見したら「仲間がいた」とテンションが上がっちゃいます。馬鹿じゃないの。同じ縄張りにいるせどらーは商売敵だっつうの。

 

昨今の風潮としてやたらと【仲間】だの【絆】だのを煽るってのがありますが、群れてないとそんなに不安なんですかね?仲間なんてAKBの公演に通い詰めればいくらでも出来るよねww

 

みんな仲間さ!!

 

あと、私が仕入れ中に声をかけてくるヤツに超ムカつく理由がもう一つあります。

 

「勉強させてください」の意味わかってる?

 

仕入れ中に声かけてくるヤツってのはある種の図太さがあります。そして、その図太さを活かし声をかけてきた後に高確率でこう言ってきます。

 

「よろしければ、せどりの勉強させていただけませんか?」

 

ようはプロの仕入れ現場を間近で見学させてくれって事です。あわよくば仕入れツアー的な流れになったらいいなって感じです。

 

いやいやいや、あなたさ、今所属してるチームに何十万も払ってそこのリーダーに仕入れツアーやってもらったんでしょ。

 

自分のリーダーには大金払って他所のプロにはタダで教えてもらうつもりですか?他所のプロをあまりにも馬鹿にしてませんか?プロの技に対するリスペクトありますか?

 

どんなに丁寧な言葉遣いでお願いしてもあなたは結局こういう事を言っています。

 

勉強させてください ⇒⇒⇒ あなたの技にお金を出す気はないけど、ちょっと教えてくれない?

 

こんな事言うヤツとは絶対付き合いたくないですね。目の前から消えてくれですよホントに。

 

私がこういう事を書くと、「いや、でも〇〇さんは声掛けたら気さくに色々教えてくれましたよ。」とムキになって反論する人がいるかもしれません。

 

だからさ、いきなり声かけたのに色々教えてくれた人がいたら、あなたはその人のファンになっちゃうでしょ。ファンになるってのはどういう事だと思う?

 

貢げば貢ぐ程レベルアップじゃ!!

 

さて悪気なく他のせどらーに声をかける事の問題点を説明させていただきましたが、表題にもありました通り、問題はこれだけでは済みません。

 

ウザい初心者には恐ろしい刑罰が待ち受けいるのです。しかも本人の知らない間に・・・

 

厚かましい初心者を襲う更なる悲劇とは?

 

せどり業界というのは非常に狭い業界です。知り合いの知り合い位でほとんどのせどらーにつながってしまいます。その結果、密度の濃い色々な情報が入ってきます。

 

例えば、某中古店舗中心の仕入れでいつも見込み利益10~20万だと豪語するせどらーが実際にどういう手法をやっているかとか(良い子は真似しちゃダメww)、某せどらーはあるおっパブのお姉ちゃんに会うために大阪でセミナーを開くとか、某凄腕せどらーがSMショーを見に行ったらこれまた別の凄腕せどらーが縄に吊るされて鞭で叩かれてたとか、その情報の濃さには只々圧倒されるばかりです。

 

するとですよ、スゲェ顰蹙な事をやったヤツがいるとあっという間にその情報が多くのせどらーに共有されてしまうという事が起きます。

 

当然「勉強させてください」なんてプロが最も嫌がる申し出をしたヤツなんてその所属チームと共に要注意人物情報としてプロの間で共有されてしまうのです。

 

こうなった場合、その情弱君の情報を知るプロがセミナー等で該当情弱君に会うとすぐさま仲間のプロにこんなラインを送ります。

 

「おい、この前オマエが言ってた情弱君がセミナーに来てたぜ。やっぱりウザかったなww」

 

当の情弱君はこの事に全く気付かないままプロの間で話題の人となり続けるのです。

 

まあ、考えようによってはオイシイとも言えますが・・・・

 

以上、相当に毒を吐いてしまいましたが、せどりなんてとにかくリサーチしまくってるうちに実力がついてきます。安直な方法に走らず地道な方法を模索してください。だって、たかがせどりと言えどもれっきとしたビジネスですから。

 

あと、私の仕入れ中に声掛けてきた人がいたら問答無用でブログのネタにさせていただきます。マゾ気質な人はチャレンジしてねww

 

ブログランキング参加中です


せどり ブログランキングへ

あなたにポチしていただくと

このブログの順位が上がります

順位が上がると感謝感激です

そして・・・

にほんブログ村 小遣いブログ 転売へ

にほんブログ村

本来載せないはずだった情報を

ここに投稿してしまうかも・・

よろしくお願いします