ショップ店員は全ての商品に詳しいわけではない

 

 

ハードオフやセカンドストリート等々リサイクルショップのスタッフはそれなりの商品知識を持っています。

 

 

しかし、全ての商品に精通しているわけではありません。

 

 

色々な商品は必ずここが一番重要という主軸となるポイントが存在します。

 

 

それは必ずしも外観ではないのです。例えば、この商品を見てください。

 

 

 

かなりボロイですが、これは巨大なワイコンで、このビデオカメラにつけます。

 

 

 

いわゆるプロもしくはハイアマチュア層が使います。おそらくハードな使い方をされる事が多いと思われます。だから、残念な外観になるわけです。

 

 

しかし、ワイコンで重要なのは光学系です。外観ではありません。

 

 

これはセカンドストリートで見つけたのですがいくらで売られていたと思います?

 

 

何とたったの税込み3132円です。

 

 

「程度かなり悪いです」という説明でショーケース内にありました。こういう時は光学系を見て綺麗だったら問題なく売れます。

 

 

これの光学系はキズ・カビ・クモリ一切なく非常に綺麗でした。

 

VCL-HG0872Xのモノレート

 

仕入れ    3132円

売値   22980円

利益     17037円

コンディションは可

販売日数   13日

 

 

こんな感じで商品のメイン価値と店側の解釈がずれていると思ったらしっかり調べましょう。

 

 

他のせどらーもスルーしている超お宝が発見出来るかもしれませんよ。

 

次の記事

 

前の記事

 

 

今日の記事が役に立ったと

思われたら下のブログランキングの

バナーをクリックしてください。

感謝感激でやる気が出ます。

毎日押していただけたら最高です。

 

ブログランキング参加中です


せどり ブログランキングへ

あなたにポチしていただくと

このブログの順位が上がります

順位が上がると感謝感激です

そして・・・

にほんブログ村 小遣いブログ 転売へ

にほんブログ村

本来載せないはずだった情報を

ここに投稿してしまうかも・・

よろしくお願いします