カメラ転売は儲かるけど落とし穴もあります

 

 

カメラ転売は単価がデカいので儲けも大きくやる人も多いです。

 

 

ただしヤフオクで仕入れてヤフオクで売るパターンは平均利益率が10%前後になる人が多いようです。高回転でないと死にます。

 

 

アマゾンを使った中古せどりは利益率40%いきますのでカメラ転売もアマゾンの方がいいと思います。

 

 

ただし、カメラやレンズにはとんでもない落とし穴があります。

 

 

今回は私の情報を元にカメラを仕入れて大損した例を紹介します。

 

 

 

マニア臭漂うシグマのデジカメは狙い目だけど・・・

 

 

シグマというメーカーがあります。元々はレンズだけを売る会社でした。

 

 

フィルム時代のシグマレンズは「逆光のシグマ」という異名でその名の通り逆光では盛大にフレアが出まくる低性能でした。

 

 

しかし、時代と共にレンズの性能がアップし今ではニコンやキヤノンと肩を並べる程になりました。

 

 

デジカメ時代になってからはセンサーメーカーを買収して独自のデジカメ販売を始めました。

 

 

ところがシグマの出すデジカメは欠点だらけで使いづらいのです。

 

 

次の動画では如何にシグマのデジカメが欠点だらけかをわかりやすく解説しています。

 

 

 

当然、欠点だらけの使いづらいカメラがヒットするわけございません。少数生産されて絶番になり次の商品が発売されるというサイクルを繰り返しています。

 

 

キヤノンやニコンなら絶対にこんな儲からない事しません。

 

 

でもシグマは違います。尖った事が大好きです。これって中古商品が高値を維持する重要な要素です。

 

 

ということでシグマのデジカメは要チェック商品です。レンズは無視してもいいです。

 

 

さて本題に入ります。私は去年の5月にキタムラでこのシグマを発見しました。

 

2016-11-13_123841-03

 

 

シグマのモノレート

 

 

私はコレで26000円儲けました。

 

 

そして、某コミュニティーでこの情報を流すとメンバーから連絡が来ました。

 

 

しかし、それを見た私は頭を抱えました。

 

「おまえ、やっちまったな!」

 

果たして、そのメンバーは何をやっちまったのでしょうか?

 

 

続きは明日・・・

 

 

追記

 

せどり・アフィリ系の情報商材の販売ページって写真・デカい文字・原色を多用して凄くインパクトのあるものが多いですよね。

 

 

あれって読んだ人の購入意欲を増大させるために心理学等の色々なテクニックを使ってます。

 

 

彼らの心理的トラップに嵌ったら最後、あなたはその商材が欲しくてたまらなくなります。

 

 

ところがですよ、そんな派手な宣伝ページとは全く違うテキスト主体の販売ページも存在します。

 

 

単純に作成者が力量不足の場合もあるのですが、意図的にテキスト主体で地味な構成にしているモノもあるんです。

 

 

何故そんな事をやってると思いますか?

 

 

それは文章主体の販売ページを最後まで読む能力がある知性の高い層をターゲットにしているからなんです。

 

 

知性の高い層をターゲットにしているという事は当然中身スカスカのインチキ商材なんか売れません。販売者に相当自信があるって事です。

 

 

せどりに興味のあるあなたがどれほどの知性を有しているのか?知りたくなったらこちらの販売ページへどうぞ!!

 

⇒知性の高い層向け・文章主体のせどりセミナー販売ページ

 

 

次の記事

 

 

前の記事

 

 

 

お宝一発抜きを可能にする

更に深い内容をメルマガで

公開しています。

興味のある方はすぐ下のバナーを

クリックしてくださいね。

 

%e8%aa%ad%e8%80%85%e7%99%bb%e9%8c%b2%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc09

 

今日の記事が役に立ったと

思われたら下のブログランキングの

バナーをクリックしてください。

感謝感激でやる気が出ます。

毎日押していただけたら最高です。

 

ブログランキング参加中です


せどり ブログランキングへ

あなたにポチしていただくと

このブログの順位が上がります

順位が上がると感謝感激です

そして・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村

本来載せないはずだった情報を

ここに投稿してしまうかも・・

よろしくお願いします